Powered by Google

適切なトレーニング・セルフケアの普及に取り組みます

痛みや疲労が続くな・・・・と感じられた時に。

■ゆずりは

【ゆずりはの活動】

ゆずりはでは、皆様が普段から感じられていることの多い骨格筋痛(肩こり・腰痛等)の緩和に向けて、痛み学・適切なトレーニング・セルフケアの普及に取り組んでおります。

お客様の生活・スポーツ・仕事を体調管理の面からサポートいたします。

“ゆずりは”エキテンページ

※医療機関での治療が必要ない肩こり・腰痛などの人はこちらをご覧ください。

【所在】

ゆずりは
〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名2丁目10番3号

営業日:土曜、日曜(臨時・正月休み)
営業時間:土曜10時〜20時 日曜10時〜19時
(最終予約は土曜19時、日曜18時のスタートまで可)

※1日の予約数は6人まで。
※新規予約枠として1日1人を用意しております。
※ご予約のお電話は月曜〜金曜でお願いします。

(予約受付時間)10時〜18時
TEL 080-4282-2902 (ご予約専用:通話無料)
※お客様への通話料金のご負担はありません。

  • 身体症状についてのTEL相談は一切お受けしておりません。
  • 営業日では、ご来店中のお客様にご迷惑をお掛けしない(コースを中断しないため)ように、コース実施中は電話対応を極力控えております。お電話(予約・キャンセルなど)が繋がらない場合は、しばらく時間を空けてお問い合わせいただければ幸いです。

【お知らせ】

・営業日は土曜、日曜(週2日)と少ないためご予約が混雑しております。
・土曜日の予約が特に混雑しており予約が取れない日が多いので、初めてのお客様には日曜のご予約をお勧めしております。
・土曜、日曜の当日予約は難しいため事前予約をお勧めしております。

【コース紹介】

料金表

【初回ご来店に関して】

  • 初回はお客様の身体状況の把握や症状説明のため時間を要します。
    (コース時間+30分ほど時間を要します)
  • ご予約時間はコース開始時間となります。5分前を目安にご入店ください。
  • 早く到着された場合は1階エントランスをご利用ください。(ソファー・トイレあり)
  • お客様のご到着が10分以上遅れますと、次にご予約されているお客様と時間が重なる (ご迷惑をお掛けしてしまう)ため、ご予約時間より10分を過ぎるとキャンセル扱いとなる場合がございます。

【ご来店の間隔について】

  • ご来店時の痛みが半分以下に減るまでは2週間に1回(痛みが強い人は1週間に1回)の間隔で継続をお勧めします。
  • 痛みが安定傾向に入れば、3週間に1回、1ヵ月に1回、痛みが気になる時のみの来店へお客様の判断で徐々に間隔を広げてください。

【対象疾患】

疼元庠舎は骨格筋の柔軟性の低下、硬化が原因している痛みの軽減を図ります。以下に記載されている疾患以外にも肘・手首・股関節・足首等の痛みについてもご相談ください。

例) 頚椎症、腰痛症、五十肩、変形性膝関節症、脳血管障害、筋筋膜性疼痛症候群、緊張型頭痛、首の寝違え、捻挫や骨折治癒後に残る痛み

 

【Q&A】


コースはどの様な内容ですか?


痛みが長引いている人は痛みの原因(問題筋)を正確に把握できていない、痛みの原因筋へ対処できていないということが多いです。
このため、最優先の対応として痛みやコリの原因となっている筋肉(深部の筋肉に問題が多い)を探し、痛覚過敏状態になっている筋肉を的確にほぐします。筋肉の柔軟性の改善が安定(痛みのある筋肉へ負荷がかかる・伸ばされる・力を入れるなどで痛みが出難い状態)して来ると、運動導入の可能な状態が完成となります。最終的にお客様の問題に応じた運動指導を開始します。

(慢性痛リハビリの流れ)

  1. 徒手技術を使い筋肉のこわばり(痛覚過敏状態)を高いレベルで軽減させる。
  2. 痛みのある筋肉へ負荷量の少ない安全な運動・ストレッチを導入
  3. 筋力増強が痛み軽減に必要な状態であれば、筋力増強させる負荷の大きい運動を導入。


たまに肩こりが強くなるのですが、どのくらいの間隔で通えばよいでしょうか?


症状の軽い人ではコリや痛みが強い時のみにご利用いただいております。病院での治療を必要としないレベルの慢性的なコリや痛みなら、継続的にご利用いただく場合でも月に1回程度のご利用で十分だと思います。他の施設で「すごく悪い状態です」というふうに言われている人でも、疼元庠舎にご来店中の人と比べると症状は軽い方という状態の人が多いと思います。



数年前から肩や腰の痛みが強くて、数か所の病院でも治療したのですが結果が出ませんでした。症状が重い場合は、どのくらいの間隔で通えばよいでしょうか?


いくつもの病院で治療を経験されている症状の重い人では、基本的に月に2回程度、6〜12ヵ月間の継続的な取り組みをお勧めしております。6〜12ヵ月間で段階的に運動量の増加などを指導していきます。症状が安定的に軽減した時点でご来店の間隔を空けていきます。



慢性的な足首の痛みがあるのですが、足首も対応できますか?


慢性痛のリハビリを専門としております。体の部位は関係なく対応できます。股関節・膝関節や肘など、上下肢の問題でご来店いただいているお客さまも多いです。



1〜2週間ほど毎日続けて通った方が早く治りますか?


今までに整形外科疾患の患者様を数多く担当させてもらいましたが、急性期の関節拘縮が心配される状態(例として骨折後や肩関節周囲炎の強い痛みなど)で病院での継続的なリハビリが必要な状態で無い限り、週に数回も体を触り調整する必要はありません。
毎日、週に3〜4回、1日おきになど?通うように勧める悪質な民間療法の施設があるようですが、慢性痛は毎日通ったから早く治るという効果は99%ありません。疼元庠舎ではご希望があれば最短でも週に1〜2回でお受けしております。


痛み緩和教室
疼元庠舎(とうげんしょうしゃ)

▲pagetop

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権は疼元庠舎に帰属します。