Powered by Google

私の慢性痛日記8

春日市と大野城市を歩く

春日市と大野城市(肩こり・腰痛・背中の痛みの緩和・相談)

4月に入り気候も穏やかだ。健康のためにお客さんにも「運動が大切ですよ」と話しているわりには自分がゴロゴロしていることに反省し、心機一転し生活に運動を取り入れてみる。まずは急に走ると疲れるのでウォーキングなどを行うことにした。(-_☆)Vぶい

疼元庠舎は大野城市にありますが、この地域は大野城市・春日市・博多区の境界線が入り組んでいる状態で数十m歩くと春日市だったり、別の方向に歩くとすぐに博多区だったりと微妙な場所である。

今日歩くコースは春日公園を予定しているのでベンチでの休憩時には何か食べたいのが心情である。早速疼元庠舎の向かいにあるパンナガタへ足を運ぶ。疼元庠舎の向かいにあるパンナガタは春日のモール近くにある有名なパンナガタの支店です。支店なのでパンの種類が若干少ないのですが、美味しいパンがたくさんあります。

散歩の途中休憩で公園のベンチに座りボーとしながら食べる予定なのです。プチ運動の休憩で食べるなら甘いパンを買いたいな?と思うのが心情です。パンナガタでお気に入りのパンはクリームパンと練乳パンです。クリームパンは卵の味が感じられる美味しさで、焼きたてのクリームパンはペロリと3〜4個は食べられますね。練乳パンは練乳クリームの美味しさと合わせてフランスパンより少し柔らかいパン生地がとても食感の良い硬さで美味しいパンです。基本的にご飯党の私ですらこの2つのパンは最高に美味いと思う。特にお子様に喜ばれるパンですね!ヾ(>▽<)ゞウレシイ♪

パン好きの人や友人などは食パンやらフランスパンなど、余計に味のついてないパンが美味しいと絶賛しますが、私はご飯等なので味のついたパンが好きなのである。しかし、パンナガタの食パンは私も美味しいと思う。このお店の凄いところは、ほぼ毎日のように閉店時にはパンが売り切れる所である。閉店30分前ほどの時間になるとトレイが1〜2個しかなくパンも少ないのですが、お客さんはパンの種類は関係なく、残りのパンを嫌な顔一つせずに買っていくのです。みんなパンナガタのパンが好きなのだな〜と思いますね。

目的のパンを購入でき(いつも売り切れて買えないことが多い)気分上場で散歩の開始です。天気は快晴、気分も上場とくれば空はもの凄く青い綺麗な空に見えますね。普段は仕事から帰って健康のために歩かなくてはと思っても、なかなか「歩きたいな〜」とは思えないものです。環境が違うとこうも歩くことが苦痛でなく、逆に同じ歩くという行動でも心弾むものなのでしょうか?本当に人の気持ちとは不思議なものです。

歩いて約4分でJR春日駅を通り過ぎ、クローバープラザと自衛隊春日駐屯地の間の広い歩道を春日公園へ向かって歩いていきます。クローバープラザは学生の時や理学療法士となってからも時々関わりのある施設で、疼元庠舎を始める前から何度か足を運んだことのある施設です。

クローバープラザは福祉や人権に関わる事業所などが入っていて、福岡県が立てただけのことはあり、かなり立派な作りで施設内外はバリアフリーとなっています。理学療法士(PT)の仕事としては福祉と関わってくるため、クローバープラザでよく福岡県PT協会の研修などが開催されたりしています。そんなこんなで何かしら学生の頃からご縁がある施設なのですね。

65歳以上の高齢者ではクローバープラザ内にあるスポーツジムなど一部施設が無料だということです。高齢になっても健康のため元気に運動されることは素敵なことですね。

クローバープラザを通り過ぎると横には春日市役所があります。春日市役所の駐車場には何本か桜の木があり、その一本が見事に満開でとても綺麗な花を咲かせています。時期的に桜満開はピークを過ぎているので青い芽や葉が出てきている桜が多く、今日は綺麗な満開の桜は見られないだろうな?と思っていましたが、場所がちょっと違うと桜の咲き方も違うもので見事な満開でしたね。

しばらくその桜に見とれて写真を撮ったりしていると、公園から帰ってくる人達もこの桜を見つけて「お〜綺麗に咲いているね」と言いながら見学して帰ります。やっぱりこの桜は見事に満開なのでしょう。一番初めに見ていたので「俺が一番に見つけた」という何となく得した気分になりました。(*`∇´*)v ヴイッ

春日公園の周囲は以前より車で通ることはありましたが、実際公園内へ入るのは今日が初めてなのです。2年近くも春日に住んでいるのに。

春日公園と言えば、8月の「春日あんどん祭り」で行われる花火大会が有名ですね。6000発の花火があがりとても綺麗です。私の家から花火が綺麗に見えるので春日公園までは足を運ぶことがなかったのです。今年は足を運ぼうと思う。約10万人近くのお客さんが来るようです、このため花火大会の時間に近づくと公園周辺は大渋滞となってしまいます。普段から渋滞しやすいので花火大会ともなると渋滞は酷いものです。

春日あんどん祭りの花火見学マメ知識!

花火を見に来る人達は車を利用される人が多いようです。春日公園の駐車場や公園周辺の駐車場はそんなにたくさんあるわけでもなく、すぐに満車状態になってしまいます。少し離れた駅に車を止め、電車を利用した方が利口なようです。

春日公園まではJR春日駅・JR大野城駅のどちらからでも徒歩5分程度です。JRのこの2つの駅から2〜3駅離れた駅周辺の有料駐車場に止めて、電車を利用する方が便利はよいようですね。帰りも渋滞につかまりません。

JR春日駅・JR大野城駅はそれぞれ西鉄大牟田線の春日原駅・白木原駅と近いのです。西鉄春日原駅→JR春日駅、西鉄白木原駅→JR大野城駅は両駅の間とも徒歩5分程度です。西鉄沿線の駅も同じように2〜3駅離れた駅から乗車すると便利ですね。

6000発でそんなに大きくない花火大会ですが近くで見られるので綺麗だと思います。ぜひ皆さん来てね!

散歩の話に戻しましょう。

春日公園に入ると案内板を眺めます。ほお〜ふむふむ。広場があって、他にも野球場やらテニスコートなどたくさんの施設があります。結構広いな。小さなラグビー場まであるよ。公園なのに珍しい。あ〜県立なんだ〜。(・。・) ほー

春日公園の広さから考えてもかなり贅沢に土地を使用しているようです。春日市だけでは土地をこれだけ広く贅沢に使用できないだろう〜などと考えながら、県立の施設のなせる業だなと思う私。しかし広いぞ。

案内板を見るとジョギングコースがあるので、この春日公園内を1周しているジョギングコースを歩いてみることにする。

公園内は桜をはじめたくさんの木々を植えているようです。春だけでなく秋も楽しめそうな公園である。昼間なのかジョギングしている人は少なく、犬の散歩をしている人が目立つ。しばらく歩いていくと、子供たちの歓声が聞こえてきます。

キャハハo(>▽< o)(o >▽<)oキャハハ〜広場があり多くの家族連れが花見を楽しんでいますね。お弁当を食べたり、お酒を飲んだり、昼寝したり、キャッチボールやバトミントンをしている子供たちも多いようです。2つの広場がありすごく広々とした感じですね〜ほのぼのとした光景に心和みます。

ジョギングコースから外れて広場を歩いてみます。久しぶりに草のたくさん生えている地面の上を歩くと、なにか童心に戻ったような感じでワクワクしてくる感じです。田舎育ちの私は、小さい頃は山や川でよく遊んだものです。

ベンチに座り一休みすると、私の前を2歳くらいの子供を連れた親子が通ります。大学生のマーチングバンドが広場で練習しているのですが、その子は音楽に合わせて手を叩き、体を動かして踊っています。無邪気な笑顔は本当にかわいく心和みます。可愛いね〜

こんな光景を見ていると、平和っていいな〜と実感できるひと時ですね。

マーチングバンドをボーと聞きながら、先ほど購入したナガタパンのクリームパンと練乳パンを美味しくいただきました。なんとまったりとしたひと時だろう。

疼元庠舎を出発してから公園内の広場を歩いたのも合わせて約2kmは歩いたと思います。まあ〜疲労感も無く元気なので、ジョギングコースを1周は完走しようと思います。ベンチから腰を上げてコースへ復帰します。

ジョギングコースは全長約1.5kmあるので、スタート地点までは残り約1km程度です。コースの道に沿って桜が植えてあり、桜を見学しながら歩くことができます。公園内の桜もやや遅咲きだったようで、けっこう綺麗な満開状態の桜が多いようです。

ゴール近くまで歩いていると・・・?・・・[壁]_・)ん?

右の股関節に若干違和感があります。痛いという感覚ではなく、何となく動かしづらい感じで軽く一部分のみが突っ張っている感じです。腰も痛みはありませんが、やや動かしづらい感じです。(||| ̄□ ̄)<あちゃ

3km程度しか歩いていないけど、この程度で違和感が出ているのは情けない。普段よりお客さんにも「運動を利用しコツコツ調整しましょう」と言っているが、自分が一番真面目に調整しないといけない立場である。

函館でぎっくり腰をしたが、その後痛みが軽減するまではコツコツ調整していました。痛みが軽減してからは時々の調整のための運動サボっていた私。反省ですね。

腰、股関節周囲の筋肉は持久力が低下しているようで、3km程度の歩行で疲労性による筋緊張が亢進してきます。まあ〜しかし痛いわけでもなく、何となく突っ張っている感じ程度なので、帰りは違うコースで疼元庠舎まで向かいます。

春日公園→大野城市役所→大野城サティー→春日原商店街→西鉄春日原駅→疼元庠舎の経路にしようと思います。約2km程度かな?

ちょっとした腰・股関節の違和感がありながらも春日公園を出発します。てくてくと歩きJRの線路を超えて、西鉄大牟田線の線路を越えると茶色の大野城市役所が見えてきます。

大野城サティー辺りまで来ると腰痛を少し感じ始めました。あ〜なんか腰が痛いかな?歩き難くなってきた気がする。腰の違和感が増してくると、歩く姿勢は腰を無意識に若干反ってしまい背筋の緊張が増してきています。よい姿勢を保持して歩くためには、腹筋は持続的に適度に緊張している必要があるのですが、腹筋が微妙な緊張感を保てなくなっています。

ん〜歩行姿勢のバランスが微妙に崩れてきているのを感じる。腰の動きが硬くなってきてぎこちない感じです。まあ〜もうちょっとだから頑張ろう!大野城サティーで水を買ってベンチで少し休憩します。ちょっと休憩すると意外と腰の違和感は回復でき、元気に出発です。

大野城サティーの横を通るとエキゾチックな外観の亜橋(アバシ)というカレー屋さんがあります。亜橋のカレーはナンを本格的に焼いているお店で非常に美味しいです。先日友人とチーズナンを注文したのですが、ビックリするほどチーズがしっかりナンの中に入っていて美味しかったですね。チーズ好き人間にはたまらない一品だと思いますよ。私はもの凄くチーズが好きで好きでというまではないので、最後はちょっと飽きる感じでした。

カレーにはぜったい米だ!と思い込んでいた私は、この亜橋でカレーを食べてからは時々ナンでカレーを食べたいと無性に思うようになりました。

亜橋のカレーはそんなに特徴はなかったと思いますが、ともかくナンが美味いのだ。遠方から通う価値ありのお勧めカレー店ですね。うまそー・・・(゜¬゜)

亜橋を通り過ぎ春日原商店街を通ります。この商店街は小さい店が意外と多く、土日は賑わっていますね。八百屋や魚屋のおじちゃん・おばちゃん達の元気な声を耳にしながら、つい苺が安かったので購入してしまいました。苺が美味そうです。

西鉄春日原駅を通り過ぎて、和善松の湯の前を通り過ぎます。春日原駅の周辺の居酒屋さんで美味しいのは、松の湯・和善松の湯・ひなっ子ですかね〜。春日市・大野城市の美味しいお店としては、値段と料理レベルのバランスが取れているのはこの3店舗(私が実際行った店の中では)で、これらのお店は私が春日原駅周辺の美味しい居酒屋・焼き鳥でお勧めするお店ですね。Uo(´δ`)やっぱビールだね〜♪

冷たいビールでも飲みたいなと妄想しながら居酒屋を通り過ぎて、ついに疼元庠舎へ到着しました。ふう〜到着!本日は約5〜6kmは歩きました。この距離を歩くのは?ん〜私の記憶が正しければ愛知万博以来だと思う。

天気もよく気分上場で元気に歩き通すことが出来た。腰と股関節の違和感が気になり、明日は筋肉痛になりそうな感じもする。今日はお風呂にゆっくり入り、苺に練乳をたっぷりかけて食べようと思う。今日はたくさん歩いたので、苺1パック分くらいはカロリー消費したかな?
(o゜▽゜)oやったネ!!

 

【教訓】

春日公園への散歩を実行し、翌日はやはり筋肉痛が来た。やって来た!

散歩の次の日から立ったり・座ったりする動作、立ちっぱなしの姿勢、歩くとき、仕事中など全ての動作に腰の違和感が伴う。腰が鈍く持続的に痛みを感じるのですね。股関節は以外に痛みはありません。

いろんな動作で腰の痛みと腰周囲の筋肉が突っ張る感覚があり、油の切れかけた自転車のチェーンのように動くけど滑らかに動かせないという感じです。筋肉痛のピークはきちんと翌日に出たので、炎症反応は素早いことが分かります。まだまだ若いぜ!運動後の2日目くらいから筋肉痛が出てくる人は老化気味ですよ〜適度な運動をお勧めしますね。

散歩の翌日が筋肉痛のピークで、その後は順調に痛み軽減をしてきています。今回は足の筋肉痛は少なく腰の鈍い重い感じの筋肉痛が強く感じられました。歩き続けていたり、立ちっぱなしでいると、じわじわと鈍い痛みが増してきて腰の突っ張り感も確実に増してきます。腰周囲筋の緊張が確実に亢進しているのです。

1日中動いてもゴロゴロ横になっていても同じ程度で鈍い痛みが続いているわけではなく、例えば体を前屈して床にある物を持ち上げたり、体を反ったり、中腰姿勢が続いたり、椅子に長く座っていると一時的に腰の強い痛みが増します。私の場合は函館でぎっくり腰をした直後までの強い痛みとまでは行きませんが、ぎっくり腰から数日後の時期に感じていた痛み程度の強さが動作時に再現されている感じですね。

私の腰はぎっくり腰の前からも基本的には慢性腰痛がありました。腰周囲筋の筋硬化があり筋硬結も存在しています。ぎっくり腰では腰深部の筋・靭帯などを微細損傷していると思います。ぎっくり腰の後に普段感じる腰痛としては軽減していましたが、腰周囲筋の筋硬化や筋硬結(圧迫により痛みを誘発するコリコリと硬い筋肉内のしこり)や背骨や骨盤にある靭帯など、筋や靭帯などは固い状態のままで改善されているわけではありません。最近は普段痛みを感じていませんでしたが、これは痛みが完治した状態(筋・靱帯などが完全な正常状態同様に完治している)ではなく、痛みという感覚を脳が認知(痛いと気づいていない)していないだけの話です。

痛みを感じていない時でも、腰の筋・靭帯などの柔軟性・弾力性・伸張性などの組織異常は存在しており、痛みを出す原因は常に存在しているのですね。今回は久しぶりの長距離歩行により、数日間に渡って腰周囲筋の疲労性による緊張亢進が腰の痛みや動かし難さとして感じられたのでしょう。身体的な原因による痛み増強要因が強いようです。

私の今感じている腰の痛み、また皆さんや知人などで慢性的に感じられている腰痛などの多くは、針・マッサージ・カイロ・整体など民間療法で一時的にある程度は腰痛を緩和することは簡単なことです。しかし、私たちは仕事や学校など生活を行っていますよね。その中で身体的な疲労は日々あり、腰への負担も仕事をしている以上は毎日かかってきます。

一時的に民間療法で腰周囲の筋肉を弛緩できたとしても、それは日々の安定的な弛緩状態を作ることが困難なことも専門家なら常識として認識しています。私の腰が長距離歩行に耐えられる、その後も腰の違和感や痛みが増さないように安定させるには、何が一番重要でしょうか?

腰周囲筋などの柔軟性・弾力性・伸張性などを維持して、可能な範囲で体調を良い状態に保ち、持久力を維持しておく必要がありそうじゃないですか?

ということで、私は散歩の後から週に2〜3日は2〜3kmは歩くように心がけて実行しています。最初の1週間目は翌日の筋肉痛も出やすく、疲れるし痛みもあるし辛いのですが頑張って継続しました。今は2週間が経過しましたが、腰痛や腰の違和感は確実に緩和されて来ましたね。歩いた翌日も筋肉痛はほぼありません。でも〜ちょっとサボりたくなってきているかな?直ぐにサボり癖が出てしまう。反省ですね。

整形外科疾患のリハビリでも運動を開始して1ヶ月も継続すれば痛みの軽減や動作の容易さ、楽に歩ける距離など、明らかな結果が伴わないと効果が無いと判断されるような一般の方は多いようです。運動開始による筋肉痛で右往左往する人もいます。

これは一般の方に私が強く考え方を修正することですが、絶対に間違ってはいけないことです。今まで痛みがあり動かす量が減っていた身体部分を運動により動かすのですから、最初の頃は翌日に筋肉痛が出ますし腰痛などでは痛みは一定期間増強した状態が続くことは当たり前です。

皆さんも経験されていませんか?中学生になり部活動に入った1年生は体力が無いので、数ヶ月は部活動の基礎トレーニングで筋肉痛が生じるのは当たり前です。立ち仕事に就いた人などでも最初は足が痛くありませんでした?継続することで徐々に体力的な向上があり、筋肉痛が生じないようになります。

健康作りのためには必要な痛みというのもあるのです。楽に気持ちよく痛みを安定的に軽減させることは不可能といってもよいでしょう。「痛みが増す=悪い運動」では無いので、専門家の適切な運動指導を受けながらぜひ運動を継続してみてください。きっとよい結果が見られると思います。

普段皆さんが感じられている腰痛の要因には、身体的要因だけでなく精神的ストレスの要因も複合していることいが多いと思いますよ。

仕事や学校など上司や同僚との人間関係、彼氏彼女や家族と喧嘩している、運の無いことが続いて嫌気がする、お金を落としたとか、終わりの見えない残業が続く、いろんな要因により私達にはストレスが生活をしている以上は存在していますね?生活内で身体的には過剰な運動量増加が無くとも筋肉は緊張しますし、以前感じていた腰痛で最近は感じていなかった腰痛が再現されることも多々あります。面白い映画は3時間の長編映画でもあまり苦痛なく耐えられますが、面白く無い映画を寝ないで3時間も見ているとお尻や背中の痛みや違和感が気になってしょうがないと思います。ストレスにより最近は気にならなかった痛みが再現されることは不思議なことではありません。

精神的ストレスの要因が強い場合は、歩くだけでは何の解決にもなりません。何がストレスとなっているのかな・・・?と考えて原因に目を向けて、よい方向へ転換出来るように行動を起こすことも重要な腰痛対処法でしょうね。

身体的要因・精神的要因の両面を意識しながらも、体調管理のための運動をたま〜に続けることは一番重要なことは間違いないようですね。私もサボらないように頑張ろう!

 

 


痛み緩和教室
疼元庠舎(とうげんしょうしゃ)

▲pagetop

このサイトに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権は疼元庠舎に帰属します。